国内MBAのファーストインプレッション1

ここでは国内MBAのファーストインプレッションについて書きたいと思います。

ファーストインプレッションは「今までに経験したことのない特別な場所」です。

例えば大学とどこが違うか。うちのビジネススクールは、社会人向けの夜間大学院です。学部から直接入った人はおらず、全員昼間は働いて夜に来る人ばかりです。なので、初めて同級生と挨拶するときは当然名刺交換から始まります(笑)。職種も様々で、未知の分野から来た人もいれば、馴染みのある分野から来た人もいます。

ここが高校まで文科省がカッチリ決めたカリキュラムを学んで来て大学に来た状態とは大きく異なります。つまり、多様なバックグラウンドを持つ人たちが同期にいる、という点が異なります。