国内MBA比較(明治大学編)

文教地区である御茶ノ水に位置する夜間MBA、明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科を取り上げます。

開講科目状況

科目グループ 明治
戦略
マーケティング
会計
組織
財務
人材人事
金融
国際経営
オペレーションズマネジメント
企業倫理・哲学
証券
経済学
アントルプレナー
ビジネスエコノミクス
技術経営
統計
ベンチャー
経営科学
ブランド
ロジスティクス
イノベーション
法務
英語
知的財産
情報システム
ロジカルシンキング&ライティング
ネゴシエーション
経営史
税務
意思決定
プロジェクトマネジメント
CRM
サービス・マネジメント

出典:mbs-2016syllabus.pdf

ここも科目の多さが売りです。加えて不動産金融工学や不動産市場分といったリアルエステート領域、中国経済事情やハラル認証とマイクロファイナンスといったグローバル・マネジメント領域、他にスタートアップビジネス、ファミリービジネス、ヘルスケア経営戦略論、創造性開発、マネジメント・ゲーミフィケーション、非営利組織の会計、人事の定量分析論など特徴的な科目もあります。修士論文に対応した論文を義務づけています。

専任教員一人当たりの学生数

専任教員は16人、学生定員は2学年で160人なので、専任教員一人当たりの学生数は10.0人です。

初年度納入金

1,732,500円

倍率

志願者数、合格者数共に非公開とのことです。

まとめ

170と極めて多くの科目が配置されており、そこから希望の科目を選べるようになっています。自分の目的にあった科目があればよい選択肢となるでしょう。
なおMARCHすべての大学院が山手線内、もしくは山手線の直近の駅に夜間MBAを開設しています。明治の他は青学が渋谷、立教が池袋、中央が後楽園、法政が市ヶ谷にあります。さらに全校とも既存キャンパス内に設置されており、設備面で大学共通のものを利用できるのがよいところです。明治の場合120万冊と屈指の量を誇る図書館を利用できるので、文献調査などに便利ですね。

フォローする