国内MBA比較(早稲田大学編)

大規模国内MBA、早稲田MBAの夜間主コースを取り上げます。

開講科目状況

科目グループ 早稲田(夜間主総合)
戦略
マーケティング
会計
組織
財務
人材人事
金融
国際経営
オペレーションズマネジメント
企業倫理・哲学
証券
経済学
アントルプレナー
ビジネスエコノミクス
技術経営
統計
ベンチャー
経営科学
ブランド
ロジスティクス
イノベーション
法務
英語
知的財産
情報システム
ロジカルシンキング&ライティング
ネゴシエーション
経営史
税務
意思決定
プロジェクトマネジメント
CRM
サービス・マネジメント

出典:早稲田大学 シラバス検索

意外に偏りがありますね。早稲田の考えるMBA像が反映されているのでしょう。

その他、経営と脳科学、感性マーケティングなど特徴的な科目もあります。

専任教員一人当たりの学生数

全日制と夜間主で専任教員を区別していないようなので、まとめた数字を示します。

専任教員は40人、定員は2学年で510人なので、専任教員一人当たりの学生数は12.75人です。

私学としては平均でしょうか。

初年度納入金

1,593,000円(夜間主)

これも私学としては平均でしょうか。

倍率

2013年度

夜間主総合3.2倍

夜間主プロ2.5倍

3倍を超えるビジネススクールはなかなかありません。

まとめ

慶応に比べ夜間もありファイナンスもありの全部入りMBAとなっています。

修論は必須でなく、代わりにプロジェクト研究論文というものを書くようです。

私の周りにも早稲田MBA卒の方は多く、さすが大規模ビジネススクールといったところですね。

早稲田のいいところは、夜間の場合授業開始が18:55と遅めなんです。

忙しいビジネスマンを取り込むためにちゃんと考えられていますね。